<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

八千代区F様邸リフォーム工事 Part3

今日はとても良い天気ですねー☆

みなさんはどこかへお出かけですか?こんな日は家でゴロゴロなんてもったいない!

もしゴロゴロされているのであればこのブログを見て下さい。(笑)

僕、馬橋が担当させて頂いている八千代区F様邸の現場報告Part3です!

前回の報告は特別版と題してのプラン内容についてでしたが、今回はしっかりと、

現場の進捗状況を報告したいと思います!

前回の特別版で書かせて頂いた通り、F様邸では増築工事により床面積を確保することに

なりました。
e0296217_10353657.jpg
上記のダイアグラムのように1階部分にだけ約10㎡ほど増築する計画です。

工事の方は無事に進行し、予定通りに増築工事を行うことが出来ました。
e0296217_10374836.jpg
と、まぁいきなり建物が建ちあがってくるわけでもないので、工事の工程と合わせて

説明をしていきます。

まずは、建物自体の荷重を支え、地面に伝える基礎工事。「基礎」と書くだけあって建造物に

とっては一番大切な部分といっても過言ではありません。今回は約10㎡の広さと、1階部分のみ

の構造と言うことで、最もスタンダードなブロック基礎を採用。増築面積にはコンクリートを

打ち、面で建物を支える構造としています。
e0296217_10452341.jpg
基礎が出来れば「土台」と呼ばれる構造材を基礎の上に並べ、ボルト金具により土台と基礎とを

しっかりと緊結します。

土台を据付したら、柱を立て、「梁」や「桁」と呼ばれる横架材とを組立ていきます。勿論金具により

構造材同士をしっかり緊結します。そして、今回は増築である為、既存建物の構造材ともしっかりと

緊結します。
e0296217_10491991.jpg
建物の骨組みが出来上がれば、後は壁や屋根の仕上げを施すための下地を作っていきます。

雨が降って、下地が濡れるとよくないので、まずは屋根から。

今回キッチンの上部にはトップライト(天窓)がつく為、あらかじめ開口を開け、仕上げ材を貼る前に

窓を取付けます。完成後、日中はトップライトから柔らかい光が降り注ぐ予定です。(笑)

仕上りが楽しみです♪
e0296217_10535979.jpg
屋根下地が出来たら、急いで仕上げにかかります。仕上げ材を葺く前に、「ルーフィング」と

呼ばれるゴム性の防水シートを貼ります。その後仕上げ材を葺きますが、今回は一般的に

「瓦棒」と呼ばれる鉄製の屋根材を採用しました。切妻屋根や片流れ屋根など、和風の

屋根形状には良く似合います。外壁材の焼板とも相性バツグン!
e0296217_11151766.jpg
屋根の仕上げ材が葺き終われば、ひとまず雨の心配はなくなります。

屋根が終われば次は壁。柱と柱の間には「間柱」と呼ばれる構造材が入れられ、壁の原型が

できることで内部はかなり部屋らしくなってきました。

外壁側には土台から桁まで届く、長尺のコンパネを貼って構造補強。
e0296217_11231844.jpg
勿論窓の開口も確保し、取付ます。

外壁の下地が出来れば、屋根と同様に「タイベックシート」と呼ばれる防水シートを貼ります。

この上に下地材である「胴縁」を打ち、焼板を貼れば、外壁の完成です。

(※まだそこまではいっておりません。)
e0296217_11280406.jpg
と、あれよあれよと言う間に増築工事が完了しました。
e0296217_11354316.jpg
図面で書いた2次元的なモノがこうして3次元の立体として立ち上がってくると

すごくワクワクします。これぞ設計の醍醐味ですね。

順に出来ていく様子を、お客様と同様、設計した僕も興奮しながら見させて頂きました。(笑)

本当に完成が楽しみです!



次回の予告
まさかの予告編です。(笑)

最新の現場画像を1枚だけ掲載します。
e0296217_11443036.jpg
この画像は1階のリビング側から北側に向けて撮った写真です。

大工さんの施工部屋みたいになってます。(笑)

しかし、この写真よく見ると、

新しい階段を設置する場所に柱が建てられ、構造補強用の「筋違」により緊結されています。

そして何より、既に床の下地組が終わっています!

もうここまで進んでいます。時間が経つのは早いもんです。

本日お見せできるのはここまでです! Part4も是非楽しみにしていて下さい!☆



                                  ベルリフォーム西脇スタジオ 馬橋

[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-28 11:53 | 現場レポート | Comments(0)

伝説、再び…

みなさん、あの事件のことを覚えておられるでしょうか…?

あれは今から約1年半も前のこと。

こんな珍事件に遭遇しました。

普通の自動販売機にお金を入れて、商品のボタンを押すと無数の缶コーヒーがでてきた事件。

通称『自動販売機故障事件』。  →→→   ※詳しくはコチラ。
e0296217_16440880.jpg
結局、自動販売機の故障で、数日後には新しい自動販売機に変わり、一件落着となった事件。

まさか、あの伝説の事件が再び蘇ろうとは…。



今日も普段となんら変わらない、いつもの日常でした。

午前中に現場に行くと決めていた僕は、車に荷物を載せてスタジオを出発。現場に向かいました。

途中、通り慣れた抜け道に入ると、自動販売機が数台置かれている場所に駐車。

「糖分をとって頭を回転させよう!」とモーニングコーヒーがてら自動販売機の元へ。

そこはこの辺でな珍しい、ダイドードリンコの自動販売機が設置され、「デミタスコーヒー」が

僕の目に飛び込んできました。デミタスコーヒーは少し甘め。モーニングコーヒーはピッタリ。

「今日はデミタスコーヒーできまり!しかもココは¥100円で安い♪」とお金を入れてボタンをポチっ。

「ドンドン!ガラガラ!ドドーン!」

間違いなく缶コーヒー1個の音ではありませんでした。

「まさか…」と思い見てみると。
e0296217_17085098.jpg
「このパターン、知ってるやつ!!」
e0296217_17100484.jpg
「ほらな。」

自動販売機のディスプレイを見てみると、
e0296217_17110918.jpg
やはり、ボタンの中には「売り切れ」の表示ランプが点灯。

そのあとは、あの日と同じ。

管理会社に電話して状況を報告。持っていた袋に、出てきた缶コーヒーを入れて、

隅の目立たない場所に置くことに。当然ですが一本だけ頂いて現場に向かいました。

こんな珍事件に2回も遭遇するとは。

どうやら僕の指先には自動販売機のボタンを破壊する特殊能力があるらしい。

今後、能力の使い方には気をつけよう。

上手くコントロール出来るよう練習せねば。


                                    ベルリフォーム西脇スタジオ 馬橋



[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-23 17:17 | まったり日記 | Comments(2)

S様邸扉つり込み完了

最近は朝晩涼しいを通り越して寒いくらいの季節になってきましたね。
皆さんは窓をまだ開けて寝られたりしてますか?
わたしは、窓、扉をすべて閉めて寝る派なので朝は寒くて起きることはないですが、
S様邸では少し寒くてご迷惑をおかけしていたかも・・・
S様邸ではようやくこの季節なり、扉のつり込みが完了しましたので部屋ごとの間仕切りが
確保でき風通しの調整ができ快適になったとお声を頂きました。

本当に寒くなりだす前でよかったです。

そんな現場から写真を撮ってきたので見ていただきたいとおもいます。

木にこだわった内装の仕上げなので、建具も無垢材を製材し、色も雰囲気に
合わせて作られました。

e0296217_195148.jpg


白く見える扉はトチの木を製材してつくられています。
また、右に見える開き戸は面おちになっている内部はタモ材を
その淵はなら材を使い分け仕上げに漆塗りを施されています。

e0296217_19545126.jpg


左上の写真はトイレの開き戸になりますがタブの木と呼ばれるもの(クスノキ科タブノキ属
常緑高木)を製材してつくられれています。

その他木製建具に使われているのは杉材になります。


少し見えにくいかもしれませんが、ガラスに使われているものは現在では生産されていない
すりガラスを再利用して味のある仕上げにされています。

これから本社の写真家:中井氏にお願いし、施工後の写真を撮っていただいて
きれいな仕上がった全体写真を次回掲載しようと思います。



以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-19 19:54 | 現場レポート | Comments(2)

八千代区F様邸リフォーム工事 Part2

ようやく気候が落着き、朝晩は少し肌寒くなってきましたね~。

体調を崩しやすい季節の変わり目…。用心しなければ。

本日は先月の25日より工事を施工させて頂いている八千代区F様邸の現場報告です。

既存建物の解体作業も順調に進み、いよいよ増築部分の工事に取り掛かります!

と、いつもならここで工事進行の現場写真を載せて、工程を説明するのですが、

今回は工期約3ヶ月の大規模リフォームの為、特別版と題して、F様邸のリフォームの内容を

知って頂こうかと思います。なぜそのようなプランになったのか、プランニングの話を少し

したいと思います。

それでは早速…。

通常リフォーム工事は、お客様からのご要望を元に現場調査後プランニングを始め、

打ち合わせを重ねながら、お客様の理想のプランに近づけていきます。

F様邸でも同じように、来店頂いた後に現場調査を行い、その際に希望要項を伺いました。
e0296217_18373386.jpg
希望を要約すると、水廻り・収納空間を以前より広く確保し、LDKや個室を含めた各々の部屋が

快適に過ごせるようなプランが求められました。

現場調査後、既存建物の床面積9坪の元で要望を検討すると、やはり面積的な制限が発生。

今回は、既存建物に対し、1階部分のみ増築(約3坪程)することで、必要な床面積を確保する

ことにしました。
e0296217_17580854.jpg
▲daiagram1:process
e0296217_17581751.jpg
▲daiagram2:existing/extension

このように、建物を増築することで面積的な問題は解決し、お客様の現在の生活スタイルと将来の

生活スタイル、さらには詳細な要望とをバランスを取りながらプランの中に落とし込んでいきます。

そしてデザイン性や機能性が上手くまとまることで、1つの平面計画が完成します。
e0296217_18511196.jpg
まとまればプランを図面としてビジュアル化していきます。これで平面図の完成です。

ここで、今回の平面計画が以前とどのように違うのかを比較してみます。
e0296217_17582200.jpg
▲daiagram3:plan(before/after)


左側が以前の間取り、右側がリフォーム後の間取りです。

以前の間取りは玄関や水廻り・収納と言った機能的な空間は、なんとか利用できる

必要最低限の広さしかありませんでした。今回は増築により床面積を広げ、機能的

な空間の面積をしっかりと確保しています。配置計画も水廻りは北東にまとめ、

廊下のような通路となる空間は必要最小限の面積に抑えています。

リビングやダイニングのような居室空間も適切な広さで心地よく利用できるように、

シンプルな平面計画としています。
e0296217_17585264.jpg
▲daiagram3:function(before/after)


間取りで特に大きく以前と変わるのがキッチンの配置。

以前はLDK一体型のプランの為、僅か12㎡程の空間に、キッチン等の設備機器をはじめ、

家電や収納棚が置かれていました。今回は、子供さんの年齢も大きかったこともあり、

思い切ってキッチンを増築部に独立して配置することにしました。そうすることで、

以前の間口=1800mmのコンパクトなキッチンから間口=2400mmのゆったりとした

キッチンを採用、カップボード・食器棚を含めた収納も以前より充実させることが

出来ました。しかし、利点はそれだけではありません。

収納の鉄則=『モノの居場所を作る』。どこかで耳にしたことがありますが、「あるべきモノ

があるべき場所にある」ことで、モノがちらかりにくくなります。

結果、リビングやダイニング等の居室空間をより快適に利用できるのではないかと思います。



と、少しと言いながら長ーく書いてしまいましたが、まだまだ書き足りません。(笑)

続きは後日、工事進行と共にお話していきたいと思います。

現在は増築工事が着々と進んでおります。やはり増築は良いですね~骨組みが建ちあがると

ワクワクします。(笑)また、随時更新していきますのでお楽しみを~☆


                              ベルリフォーム 西脇スタジオ 馬橋

[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-13 19:49 | 現場レポート | Comments(1)

S様邸工事完成

今年の6月から着工していました多可町のS様邸がほぼ完成ということで
本社の写真家:中井さんに完成写真をとっていただくことになりました。

今回注目していただきたいのは自然木の無垢材を床、壁、天井にふんだんに
使用しているところです。

e0296217_19352280.jpg


リビングスペースでは床に檜、壁にはトチの木を腰板を貼り上部は漆喰仕上げとすることで
床、壁、天井へとトーンを明るくしていくことで空間を広く明るく見せることができました。

e0296217_1939043.jpg


キッチンは二列型にして回遊できるように設計し物の移動のしやすさを追求しました。
また天板にはうるしを塗ることで光沢のある仕上げと高級感がでました。

今回施工させていただいた施主様の木材の支給とご自身の木工芸の技術に
たすけられた部分が多くありますのでこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
(うるし塗りはご主人がされ、木材庫にあった無垢材を支給いただき大工で製材加工し
現場で組み立てていく施工法をとらせていただきました。)

ちなみにうるしは塗るときに一定の湿気を含んでいなければ乾かないようで、
冬場の乾燥時期より湿気が多いときのほうが作業がしやすいのだそうです。
(乾燥しているときなどは加湿器をかけながら塗られるそうです。)

色々と勉強になります!!!

e0296217_19474649.jpg


e0296217_19482783.jpg


枠周りも機能性を考え湿気が多い浴室周りは樹脂枠を使用しましたが、あとはヒバ材をわって
すべてこちらのヒバ枠で建具周りの枠、入り口の三方枠は施工させていただきました。


e0296217_19544548.jpg


e0296217_19545972.jpg


こちらは玄関周りなのですが、式台も一枚板で作られていますし、上に見える茶色い
木材は煤竹(すすたけ)といってわらぶき屋根の支持材で昔、囲炉裏をなかで使われていた
古民家では囲炉裏の煙でむされて竹がこのような褐色の風合いになるのだそうです。
ここまで色がつくのには何十年もかかるそうです。

このような材料を使うことで、和風の色彩がでて良い仕上がりになりました。

また扉のように見えるのは昔、蔵で使われていた蔵の戸を壁に埋め込んでみたら
おもしろいのではないかという施主様の遊び心で、施工する方もいいですね!
と賛同させてもらい取付させてもらいました。

ここで難しかったのはR面を漆喰で仕上げるところで左官工事の腕の見せ所となりました。


e0296217_2061883.jpg


外部の腰板は玄関まわりは檜でも一位という種類のものを支給いただき、裏のデッキ掃出し
周りは赤身のあるケンポナシという木材で施工させていただきました。

たくさんの種類の木材を使わせていただき、加工するときの大変さを感じるとともに出来上がった
ときの無垢材の美しい仕上がりに感動するといった風に、手をかけるともちろん良いものができる
とおもいますが、そこに施主様のこうしたいという強い意向があったからこそよい形のものができたの
だと思います。

今回施工させていただいたS様には工事中はご不便をかけることが多くあったことと思いますが、
工事をまかせていただき、「良いものができたね」とお褒めの言葉を頂いた時には感動とともに
感謝の念があふれてきました。
本当に弊社にお声をいただき工事を担当させていただいたことに感謝いたします。

ありがとうございました。


以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-09 19:49 | 現場レポート | Comments(1)

スポーツの秋・2014

もう9月…もう秋ですね…早いもので。

秋と言えばやはりスポーツの秋!

今日本で一番熱いスポーツと言えば…。

そう、テニス!!

何と言っても男子テニスの錦織圭選手の活躍ですよね!!
e0296217_19174634.jpg
4大国際大会の一つ、全米オープンで、日本人初の決勝進出!!

ここ2試合は4時間を超える試合を見事制し、歴史的快挙まであと1勝!

9日に行われる決勝戦も目が離せない試合になりそうです!!

実は僕も、中学と高校はソフトテニス部で、6年間コートの上で白球を追ってました。
e0296217_19193360.jpg
e0296217_19195107.jpg
合宿や遠征等、練習は厳しかった思い出しかありません(特に高校:笑)

テニスでは1対1で勝負を行うシングルスと、ペアを組んで2対2で勝負を行うダブルスとに

分かれますが、技術は勿論ながら、勝負に勝つためにはフィジカル・メンタルといった

精神的な強さが求められます。相手との勝負でありながら、実は自分自身との勝負でも

あるのです。
e0296217_19234934.jpg
e0296217_19243018.jpg
錦織選手のプレーを見ていると、ここ一番での物凄い精神的な強さや、絶対に諦めない

勝利への執念が、見るものを惹きつけます。体系の大小をハンディにすることなく、

それを上回る努力で相手に向かっていく姿は、やはり感動を生むのでしょうね。

若干24才の青年が世界を変える。とても素敵で物凄いことですね。

自分の年齢よりも4つも若い錦織選手、見習わせてもらいます。

錦織選手の活躍で、ただひたすら部活動に汗を流した時期を思い出しました(笑)

やっぱり、スポーツって良いですね☆

みなさんも、決勝戦は是非ご覧になってください!!(日本時間のAM6:00頃試合開始)

共に応援しましょう~!!

ちなみに、、、、
e0296217_19265450.jpg
こちら、錦織選手が準決勝で戦った現世界ランキング1位のノバク・ジョコヴィッチ選手。

彼も、まだ若干27才。僕の一つ年下です。なのにこの風格(笑)

世界基準の若者はスゴい。(※ウサイン・ボルトは同い年です:笑)

 
                           ベルリフォーム西脇スタジオ 馬橋



[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-07 19:30 | まったり日記 | Comments(2)


兵庫県西脇市にあるリフォーム会社『ベルリフォーム』のスタッフたちがお届けするブログです。


by bell-nishiwaki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今月の広告
まったり日記
現場レポート
耳より情報!
イベント
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

ワクワクさんさまコメント..
by bell-nishiwaki at 12:01
足場を外す時のわくわく感..
by わくわくさん at 18:37
リフォームのお仕事って、..
by ごまだんご at 14:48
ごまだんご様、コメントあ..
by bell-nishiwaki at 08:17
最近、こちらでビフォーア..
by ごまだんご at 17:25
ピコさんコメントありがと..
by bell-nishiwaki at 10:36
サニタリーのフローリング..
by ぴこ at 19:29
キャットさんコメントあり..
by bell-nishiwaki at 12:54
ご結婚を機にリフォームさ..
by キャット at 09:47
放浪カモメ様^^コメント..
by bell-nishiwaki at 13:37

ホームページ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

(94)
(88)
(51)
(45)
(38)
(23)
(20)
(19)
(17)
(14)
(12)
(9)
(9)
(6)
(6)
(5)
(5)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

西脇市M様邸着工!(^^)!
at 2017-06-24 16:34
続)N様邸(#^^#)
at 2017-06-23 19:38
小野市N様完工致しました(#..
at 2017-06-20 20:56
加東市O様邸完工致しました(..
at 2017-06-18 16:00
タジタジになってしまいました..
at 2017-06-16 17:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧