タグ:内装 ( 23 ) タグの人気記事

S様邸扉つり込み完了

最近は朝晩涼しいを通り越して寒いくらいの季節になってきましたね。
皆さんは窓をまだ開けて寝られたりしてますか?
わたしは、窓、扉をすべて閉めて寝る派なので朝は寒くて起きることはないですが、
S様邸では少し寒くてご迷惑をおかけしていたかも・・・
S様邸ではようやくこの季節なり、扉のつり込みが完了しましたので部屋ごとの間仕切りが
確保でき風通しの調整ができ快適になったとお声を頂きました。

本当に寒くなりだす前でよかったです。

そんな現場から写真を撮ってきたので見ていただきたいとおもいます。

木にこだわった内装の仕上げなので、建具も無垢材を製材し、色も雰囲気に
合わせて作られました。

e0296217_195148.jpg


白く見える扉はトチの木を製材してつくられています。
また、右に見える開き戸は面おちになっている内部はタモ材を
その淵はなら材を使い分け仕上げに漆塗りを施されています。

e0296217_19545126.jpg


左上の写真はトイレの開き戸になりますがタブの木と呼ばれるもの(クスノキ科タブノキ属
常緑高木)を製材してつくられれています。

その他木製建具に使われているのは杉材になります。


少し見えにくいかもしれませんが、ガラスに使われているものは現在では生産されていない
すりガラスを再利用して味のある仕上げにされています。

これから本社の写真家:中井氏にお願いし、施工後の写真を撮っていただいて
きれいな仕上がった全体写真を次回掲載しようと思います。



以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-19 19:54 | 現場レポート | Comments(2)

S様邸工事完成

今年の6月から着工していました多可町のS様邸がほぼ完成ということで
本社の写真家:中井さんに完成写真をとっていただくことになりました。

今回注目していただきたいのは自然木の無垢材を床、壁、天井にふんだんに
使用しているところです。

e0296217_19352280.jpg


リビングスペースでは床に檜、壁にはトチの木を腰板を貼り上部は漆喰仕上げとすることで
床、壁、天井へとトーンを明るくしていくことで空間を広く明るく見せることができました。

e0296217_1939043.jpg


キッチンは二列型にして回遊できるように設計し物の移動のしやすさを追求しました。
また天板にはうるしを塗ることで光沢のある仕上げと高級感がでました。

今回施工させていただいた施主様の木材の支給とご自身の木工芸の技術に
たすけられた部分が多くありますのでこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
(うるし塗りはご主人がされ、木材庫にあった無垢材を支給いただき大工で製材加工し
現場で組み立てていく施工法をとらせていただきました。)

ちなみにうるしは塗るときに一定の湿気を含んでいなければ乾かないようで、
冬場の乾燥時期より湿気が多いときのほうが作業がしやすいのだそうです。
(乾燥しているときなどは加湿器をかけながら塗られるそうです。)

色々と勉強になります!!!

e0296217_19474649.jpg


e0296217_19482783.jpg


枠周りも機能性を考え湿気が多い浴室周りは樹脂枠を使用しましたが、あとはヒバ材をわって
すべてこちらのヒバ枠で建具周りの枠、入り口の三方枠は施工させていただきました。


e0296217_19544548.jpg


e0296217_19545972.jpg


こちらは玄関周りなのですが、式台も一枚板で作られていますし、上に見える茶色い
木材は煤竹(すすたけ)といってわらぶき屋根の支持材で昔、囲炉裏をなかで使われていた
古民家では囲炉裏の煙でむされて竹がこのような褐色の風合いになるのだそうです。
ここまで色がつくのには何十年もかかるそうです。

このような材料を使うことで、和風の色彩がでて良い仕上がりになりました。

また扉のように見えるのは昔、蔵で使われていた蔵の戸を壁に埋め込んでみたら
おもしろいのではないかという施主様の遊び心で、施工する方もいいですね!
と賛同させてもらい取付させてもらいました。

ここで難しかったのはR面を漆喰で仕上げるところで左官工事の腕の見せ所となりました。


e0296217_2061883.jpg


外部の腰板は玄関まわりは檜でも一位という種類のものを支給いただき、裏のデッキ掃出し
周りは赤身のあるケンポナシという木材で施工させていただきました。

たくさんの種類の木材を使わせていただき、加工するときの大変さを感じるとともに出来上がった
ときの無垢材の美しい仕上がりに感動するといった風に、手をかけるともちろん良いものができる
とおもいますが、そこに施主様のこうしたいという強い意向があったからこそよい形のものができたの
だと思います。

今回施工させていただいたS様には工事中はご不便をかけることが多くあったことと思いますが、
工事をまかせていただき、「良いものができたね」とお褒めの言葉を頂いた時には感動とともに
感謝の念があふれてきました。
本当に弊社にお声をいただき工事を担当させていただいたことに感謝いたします。

ありがとうございました。


以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-09-09 19:49 | 現場レポート | Comments(1)

K様邸現場報告

こちらのお宅は間仕切りを撤去し大きく部屋をとったり、部屋の役割を大きく変更して
大改修している現場になります。

大工さんの方も内部の造作関係を着々と進めていっている状況です。

e0296217_1856784.jpg


こちらは階段と階段下の納まりを打ち合わせしているところです。
お客さんとの現場立ち合いもあり大分イメージがつかめたようで、階段下にはPC用の
デスクとその背面には収納棚が付、階段の上がり始めの部分には部屋内から開いて
収納ができる扉が付きます。

e0296217_18594669.jpg

e0296217_190925.jpg


現在の各部屋の現状写真です。
今からは、壁を建込、廻縁、巾木と化粧材をまわって次には内装工事の方に移行して
いきます。
出来上がりが楽しみですね。

外部工事は開口部分を補修している最中で左官屋さんが仕事をしていました。
e0296217_1972439.jpg

大工さんで外部下地をした後、ラスという金物をその上に貼りモルタルで表面を仕上て
いきます。

そして、きれいな壁面に仕上げるために塗装工事をおこない壁の補修は完了となります。

後少しで完成しますので楽しみにしていてください。

以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-04-21 19:00 | 現場レポート | Comments(0)

N様邸ビフォー・アフター

現在施工させていただいているN様邸が内装まで完了したということで、
本社の中井さんに頼んで完成した内部、外部(一部分のみ)の写真を撮って
いただきました。

まずこちらが改修前の写真になります。

e0296217_1813421.jpg

e0296217_18134325.jpg


写真を見ていただくと日付が記入してあるのですが、なんと去年の7月頃から計画を
して進めていた案件なんです。
大きな工事であったので計画等入念にさせていただき施工すること、今年の4月ようやく
居住していただくまでに完成することができました。
設備機器等が消費税アップの駆け込み需要のなか、なかなか手に入りにくく納期が
かかってしまい申し訳ありませんでした。



そして出来上がったお家がこちらです。
e0296217_18241833.jpg

e0296217_18243284.jpg



e0296217_18285470.jpg

e0296217_1829867.jpg


水廻りも一新され、新しいお風呂、キッチン、トイレを気持ちよく使っていただけるでしょう。
間取りもかわり、以前の使い勝手とは違いますのが慣れるまでは楽しみながら部屋・機器等を使って
いただき新しい生活を送っていただけることと思います。

今回、施工を担当させていただき色々学ぶことが多かった現場で、私自身もここまで大きな案件に携わった
こともなかったので、良い経験にもなりました。

ありがとうございました。


以上前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-04-13 18:24 | 現場レポート | Comments(0)

N様邸現場報告

こんにちは、春も来たというのにまだまだ風が冷たい日が続きますが、
そんななか桜も満開で、週末はお花見に出かけられた方も多くいらっしゃる
のではないかと思います。

そんな春、爛漫のなか現場は着々と進んでおり、和室の畳の敷きこみがありました。
e0296217_18454646.jpg


畳屋さんは表替えになると、いったん畳自体を工場に持ち帰り畳床を生かし、
表の畳のみを替える作業を行います。

そうすると畳に使う井草というのは根っこから穂先までを想像していただくとわかるように
これといって一緒の色合いにはならないので、表替え、および畳を新調した時には縁と
中央の色合いが異なっているのがふつうなんだそうです。

天然の井草を使っている証拠にもなるのです!!


また、畳を縦長に並べたのと横長に並べたのとでは、まったく同じ表替え、新調した畳にも
共通して言えることですが、光の当たり方が井草の目の方向が異なるかげんでかわり、
見え方がかわるのです。

以上の二点が施工後、畳屋さんに
「なんで新しいのに周りと中央とで色がちがうのか!!」
「なんで同じ商品なのに敷き方で色がかわるのか!!」

などのように言われるお客様クレームの代表格だそうです。

それほど一般の方はわからない畳の不思議があるようです。

もし天然の井草で畳をつくるようであれば、畳屋さんにあらかじめ畳の特徴を
聞いておくのも一つの手でしょうね。


しかし、安心してください。井草の良い香りとともに年月がたてば、色も馴染んできて
色合いも全面同一色に落ち着いていきます。


こちらが今回畳をいれさせていただいた現場の施工後になります。

e0296217_19103178.jpg


e0296217_19105712.jpg


e0296217_19112013.jpg


もう少しで工事が終わりますので、井草の香りに癒されて生活していただけることと思います。


以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-04-07 19:04 | 現場レポート | Comments(0)

N様邸現場状況

3月6日は啓蟄(けいちつ)と言って、「大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ」
と言われているのに昨日の雨からドット気温が下がり雪がちらほらしているような天気で
寒かったですね。
虫も頭釘をたたかれたように地面にもどってしまうくらいでしょうか。

そんな寒い中でも現場は着々と進んでいます。

N様邸も大方、大工さんの工事も終盤に差し掛かり内装工事に移行してきました。

e0296217_1920670.jpg

こちらは大工さんが貼ったボードの継ぎ目や釘穴をクロスが貼れるようにパテ処理を
おこなっている状況です。

e0296217_19221396.jpg

そしてこちらがクロスを貼り終わった状況です。
奥の部屋の天井付近に見える梁は天井を高く見せたために昔の梁が出てきたため
見せ梁として黒に近い色で塗装したものです。
クロスの白色と対比色になっていてきれいに見えますね。


玄関周りには以前使用していた木製建具を再利用し、内装材として活用しようと考えています。
e0296217_19281812.jpg


左に赤茶色に見える縦格子状の建具は、以前この場所で使われていた廊下と玄関を出入り
できるように間仕切ってあった引違建具の上部で、昔の思い出を残そうと内装飾りに再利用
したものです。


さらに玄関天井部分の下地からくぼんで囲いのある場所にはライトがつくのですが
その天井仕上げは格子状に組まれていた雪見障子の建具を利用しこのくぼみに
あわせてカットしアクリルパネルを障子紙の代わりに貼り照明器具として利用しようと
考えています。
e0296217_1933288.jpg


少しでも使えるものを思い出とともに利用することで、心に残るリフォームができるのでは
ないかと思います。
お客様に仕上がりを見ていただき喜んでもらえる日を楽しみに残りわずかですが施工を
していきたいと思います。



以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2014-03-06 19:26 | 現場レポート | Comments(0)

N様邸現場報告

今年もあとわずかになって、みなさん道路など運転していても急ぎ足の方が
いらっしゃいますが、あわてず事故にならないように気を付けましょう。

そして新年よい年が迎えられますように。

そんなあわただしい年末でも工事は着実に進んでいます。



近日まではこのような状態だった屋根が
e0296217_19492898.jpg

e0296217_19503353.jpg




現在、新しい部分の屋根がルーフィングまで貼れたので、後はガルバニウム鋼板
を葺くのみになっているのと、ブルーシートで覆っていた囲いが風であおられて飛散
しないように養生をとっている状態です。
e0296217_19501735.jpg



内部はというと解体も大方終わり、今度は新しく間仕切る壁が立つ下の基礎を
ブロックで敷き並べていきます。
ブロックとブロックの間には規定の配筋ピッチで鉄筋を入れて強固なものにしていきます。
e0296217_19535623.jpg

e0296217_1954987.jpg


床をめくり新しい大引き根太を施工するところには鋼製束をたてて周りの石が揺れで
動かないように左官で補強していきます。
e0296217_19562817.jpg



年末年始は工事はお休みしますが、また1月6日から現場は動いていきます。
出来上がりを楽しみにしていただいているお客様のために喜んでいただける仕上がりに
できるように来年も務めていきたいと思います。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2013-12-27 20:02 | 現場レポート | Comments(0)

丹波市 T様邸工事完了

年末に向けて工事完了が多くなるなる中、兵庫県丹波市で内部の
リフォームをおこなった工事が完了いたしましたので報告させていただきます。

こちらのお施主様は弊社の評判を聞いて、ぜひこちらでリフォームをおこないたい
とお話しをいただいた方で、感謝の気持ちで施工をさせていただきました。

工事個所は、1F廊下、キッチン周りリフォーム、2F廊下、居室を改修させていただきました。

工事前の写真はというと
e0296217_21221243.jpg



工事後はこのように改修できました。

e0296217_21235557.jpg


床は既存部をはがし、新しい床を張りました、また、壁はクロスを化粧ベニヤの上に
4mmベニヤを打ち付け貼りました。キッチンは今のものを利用し、ガス台を新調しました。


e0296217_21241460.jpg


e0296217_21244819.jpg



工事を依頼していただいたお施主様に感謝するとともに、これからも人に喜ばれる
リフォームを心がけていきたいと思いました。



以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2013-12-16 21:35 | 現場レポート | Comments(0)

H様邸工事完了

秋口から工事をかからせていただいて、なんとか本格的に寒くなる前に
工事が完了しました。

施工に携わっていただいた業者のみなさんに感謝するのと、何より工事の打ち合わせを
時間をさいてしていただいたお施主様に感謝いたしたいとおもいます。

完成しました内部をご紹介いたします。



その前に今回はじめておこなった木部の洗いの様子をご覧いただきたいとおもいます。

e0296217_2014367.jpg


こちらは古い丸桁や建具に弱アルカリ性の液を塗り長年日の光をあびてくろずんだ
木を漂白することできれいに見せるという施工です。



そしてこちらが施工後の写真になります。

e0296217_2054279.jpg


e0296217_206316.jpg


e0296217_2062817.jpg


e0296217_207457.jpg



見違えるようにきれいになったのとまわり廊下をなくしその面積分を2部屋に合算する
ことで部屋も大きくなりこれから住まわれ、どう暮らしていくのか考えることが楽しみです。
という言葉もいただき、たいへん嬉しくおもいました。



以上、前田がお送りしました。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2013-11-30 20:16 | 現場レポート | Comments(0)

和室改修工事

こんにちは
みなさん体調は大丈夫ですか?
季節の変わり目で、体調崩しがちになりますが手洗い、うがいで
予防しましょう。

元気に現場報告させていただきます。


こちらは、和室二室をまわり廊下を通してつながっているお部屋で、改修目的は部屋をどちらも
大きくし、断熱性を上げることにあります。

方法としてはまわり廊下をなくし6畳間と8畳間をその空間を利用し8畳間、10畳間に改修
し、断熱性の向上には床下にスタイロフォーム断熱と壁、天井にはグラスウールを敷き詰めて
外気との縁をきります。


こちらが天井と間仕切りを解体した状態です。
e0296217_19322152.jpg


e0296217_19323827.jpg




鋼製束を立てて床下補強をおこなった状態です。
e0296217_19353594.jpg



床下のスタイロフォームを根太の間に敷き詰め上にコンパネを張った状態です。
e0296217_1937362.jpg



工事も中盤に入りサッシを取付、外部の壁を建込雨風をしのげるところまで工程は
進んでおります。

これからも安全、体調に気を付けて施工管理をおこなっていきたいと思います。
[PR]
by bell-nishiwaki | 2013-11-02 19:48 | 現場レポート | Comments(0)


兵庫県西脇市にあるリフォーム会社『ベルリフォーム』のスタッフたちがお届けするブログです。


by bell-nishiwaki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今月の広告
まったり日記
現場レポート
耳より情報!
イベント
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

女将様 コメントありが..
by bell-nishiwaki at 16:11
カーポートを付けても、明..
by 女将 at 16:07
イロハさん、コメントあり..
by bell-nishiwaki at 08:21
劇的すぎる! 収納の多..
by イロハ at 14:52
バナナマンさん、コメント..
by bell-nishiwaki at 19:18
毎年花火大会行かれていま..
by バナナマン at 15:19
じぇじぇじぇさんコメント..
by bell-nishiwaki at 20:22
わぁ!これだけ劇的に変わ..
by じぇじぇじぇ at 15:38
ワクワクさんさまコメント..
by bell-nishiwaki at 12:01
足場を外す時のわくわく感..
by わくわくさん at 18:37

ホームページ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

(94)
(88)
(51)
(45)
(38)
(23)
(20)
(19)
(17)
(14)
(12)
(9)
(9)
(6)
(6)
(5)
(5)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

K様邸店舗工事&A様邸進捗(..
at 2017-12-15 18:16
多可町A様邸着工(#^^#)
at 2017-12-04 18:56
西脇市H様邸&多可町Y様邸(..
at 2017-11-25 11:28
西脇市E様邸店舗&K様邸改修..
at 2017-11-24 15:53
結婚式へ(*^-^*)
at 2017-11-20 13:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧